社労士に独学で合格するサイトです。基本書、問題集、無料相談もあります。

社労士受験予備校に高いお金を払いますか?→独学合格は可能です。

 独学で受験勉強しているとき、受験予備校の先生に独学の勉強方法について聴きました。先生は「独学だったら、丸暗記するしかないね」という内容の話をされました。そのときは「そうか・・・」とがっかりしたのですが、結果としては独学でも短期間の勉強で合格できました。5か月の受験勉強です。「独学でも短期間で合格できる」のです。


知識が整理できていないと感じる受験生向けの問題集です。
基本がわかると知識がつながります。
社労士合格に必要な膨大な知識を効率よく身に付ける方法です。

 

独学者の陥りやすい問題点と対策を説明します。

 

独学者は、通常、基本書を読んで過去問に取り組みますが、この勉強法ですと、過去問で解いた論点だけしか頭に残らず、しかも整理ができていないため、膨大な論点から出題される本試験の問題に対応できません。合格に何年もかかっている方はこのような方がいらっしゃいます。知識(覚えること)中心の勉強になってしまっている可能性があります。

 

社労士 独学者の弱点→知識の整理ができないので記憶に頼る

 

2つの理由があります。

 

1つ目は、基本書には受験に必要な知識が一杯のっています、基本書を読んだだけでは、何が基本か理解しにくいのです。また情報量が多すぎて、記憶に残らず、出題されると答えられない。(アウトプットの練習が必要です。)そこで過去問を解き始めます。

 

2つ目は、過去問中心の勉強で記憶に残っていく論点は、基本と応用の論点が混ざったものです。過去問からは(多くの場合過去5年程度でしょう)、膨大な試験範囲のわずかしか、論点になっていません。

 

この時点で、基本と応用の論点が混ざった状態で、何が重要か、体系的に整理できていない状態になっています。例えていうと、木の幹と枝と葉が混在した状態になっています。結果、論点の関連性が理解できていないため、記憶に頼り、覚えることが中心になってしまいます。

 

社労士 独学者の弱点→○×式問題集の学習が中心

 

○×式問題集は答えを覚えてしまうと、繰り返す意味がなくなることがあります。○×、ア、エとかではなく、社労士の世界の専用語(例:3号被保険者)、で答える勉強が効果的です。

 

これら2つの問題点の対策に、社労士独学問題集 基本チェックを作りました。

 

基本書を読むだけでは、基本は身に付きません
独学で難しいのは内容に軽重をつけることでしょう。基本書には受験に必要な知識が一杯のっていますが、何が基本かわからないのでまる覚えが必要になってしまうのです。何が基本か。この点がわかれば、「体系的に理解できる」のです。

 

社労士独学者の勉強方法1→基本を押さえてから、過去問等で知識の補充をする。

 

まず、木の幹と大きな枝を理解する、頭に刷り込みます。それから、過去問等で細かい知識(細い枝と葉)を補充していきます。

 

全体を整理しながら勉強するため、理解しながら、覚えることができます。お互いの論点の関連性もわかってきます。こうして、幹と枝に葉をつけていくわけです。

 

整理ができ体系的にまた、論点の関連性もわかっているため、初めての論点にもある程度、推論できるような能力がついてきます

 

社労士独学者の勉強方法2→質問に言葉で答えること

 

知識とは質問に答える能力です。いくら頭のなかに知識が詰まっていても質問に答えないと意味はありません。また、○×、ア、イ、ウ、タイプ解答は頭が働きません。穴埋め問題です。

 

言葉で答えて、頭の中を整理しながら、問題を解いていきます。脳が刺激され、理解、記憶が進みます。効率的に短い時間で頭を刺激して勉強する方法です。

 

社労士独学問題集 基本チェックは合格に必要な基本を網羅しています。

 

基本が身につきます。、問題に解答しながら、知識が刷り込まれるよう作りました。左ページに要点、右ページを穴埋め問題にした問題集です。

 

まず、左ページの要点をよみ右の要点チェック(穴埋め問題)を解いてください。あとは要点チェックを繰り返してください。出来るだけ声に出して練習することをおすすめします。声を出して答えると、目と口と耳が刺激され、記憶に刷り込まれます。

 

社労士独学問題集 基本チェックは 1〜4 の4分冊で10科目です。

 

基本チェック 1  労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償法
基本チェック 2  雇用保険法、労働保険徴収法、労働関係一般常識
基本チェック 3  健康保険法、国民年金保険法
基本チェック 4  厚生年金保険法、社会保険に関する一般常識

 

ダウンロード販売です。こちらから購入ください。最初の数ページのサンプルがあります。

 

基本チェック 1  労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償法

販売ページ→【社会保険労務士 独学用問題集 基本チェック1】

  

基本チェック 2  雇用保険法、労働保険徴収法、労働関係一般常識

販売ページ→【社会保険労務士 独学用問題集 基本チェック2】

   

基本チェック 3  健康保険法、国民年金保険法

販売ページ→【社会保険労務士 独学用問題集 基本チェック3】

  

基本チェック 4  厚生年金保険法、社会保険に関する一般常識  

販売ページ→【社会保険労務士 独学用問題集 基本チェック4】

 

それぞれ、A4、30ページ程度、持ち運びしやすいサイズです。持ち運んで、スキマ間時間を生かせます。

 

学習初期から試験前日まで使用可能です。初期のころは「これが重要ポイントだ」と理解できますし、試験直前には「これだけは再確認しておこう」と知識の再確認ができます。

 

(備考:2014年版 U-CANの社労士 はじめてレッスンをベースに論点を追加しています。)

 

 

社労士独学者の効率的勉強を応援

 

独学している人は、独立心の強い人だと思います。私自身もそういう人間です。

 

社労士、行政書士、宅建、FP等を 独学、試行錯誤で受験勉強しながら、効率よく頭を働かせる方法がわかってきました。

 

そういった人に私が気づいた勉強方法を伝えて応援したい思っています。

 

勉強で集中力を養えばいろんな場面でも役に立ちます思います。

 

気のあう社労士の仲間と協力して作っています。

 

ご意見、ご質問はいつでもお願いします。→社労士合格研究所へメール